\メディアで話題の/

海外で認められた逆輸入のメイドインジャパン製品

ミツヨ・エコプロダクツ

乾燥肌のための洗顔石鹸の選び方|悩み別の洗顔方法も解説

乾燥肌のための洗顔石鹸の選び方|悩み別の洗顔方法も解説

乾燥肌の方は、肌にうるおいを与えるスキンケアを重視する方が多いですよね。
しかし一番に見直すなら、まずは洗顔料です。
なぜなら洗顔やクレンジングなどのオフ系アイテムは、選ぶものにより乾燥がひどくなる場合があるから。

乾燥肌の方に起こりやすい「洗顔トラブル」とはどのようなものがあるのでしょうか。

乾燥肌の洗顔トラブルとは

肌の乾燥が気になる方はスキンケア不足以外に、洗顔料や洗顔の仕方により乾燥肌を招いている人が非常に多いです。
乾燥肌の洗顔トラブルは下記のような症状が出やすいので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

乾燥肌の洗顔トラブルとは

ひどい乾燥や皮むけ

肌がヒリヒリしたり、皮むけの粉吹き状態になったことはありませんか?特に冬場に多い症状です。
粉吹き=皮むけ肌は角質層がパサパサに乾燥している状態

化粧水や乳液などが染みる、肌に赤みがある場合は、まずは皮ふ科で治療しましょう。

肌が落ち着いてきたら肌に合う洗顔料を使い、肌の水分を落とさない洗顔をすることが大切です。

バリア機能の低下

肌は乾燥状態が続くと、肌を守る働きのバリア機能が低下します。
バリア機能の低下した肌は、紫外線や気温差などの外的刺激を受けやすくなります。

紫外線の影響を受けると、シミやシワを招く老け見え肌に......。
またマスクなどの擦れや蒸れにも敏感になり、肌荒れに繋がりやすいです。
まずは肌を乾燥させないこと、過度な洗顔はさけてうるおいを守るお手入れが必要

ニキビができる

口周りは乾燥しやすい部分ですが、大人ニキビは口周りにできることが多いです。
皮脂が多いTゾーンにできる思春期ニキビと違い、大人ニキビは肌の乾燥によってできる場合があります

人の肌には皮脂や水分を出し、うるおいを保つ力が備わっています。
しかし肌が極度に乾燥すると、より肌を保湿しようとさらに皮脂の分泌量が多くなるのです。
水分は不足状態なのに、皮脂分泌は過剰なため毛穴が詰まる「乾燥ニキビ」が出来てしまうのです

洗顔料で肌の水分を落とし過ぎていないか、自身の肌状態を観察してみましょう。

洗顔料の種類から選ぶ

洗顔料にはさまざまな種類があります。
お使いの洗顔料を見直すために、どんな種類があるのか見ていきましょう。

洗顔料にはさまざまな種類があります。

パウダータイプ

酵素洗顔料に多いのがパウダータイプです。
肌の老化角質を落とす酵素洗顔は、毛穴汚れやくすみケアにおすすめです。

パウダータイプそのものは刺激は少ないですが、泡立ちにくいため洗うときの摩擦による肌刺激には注意が必要です。

チューブタイプ(フォーム)

チューブタイプの洗顔フォームは種類が豊富で、さまざまなタイプが販売されています。
洗浄力がマイルドで、保湿成分が配合されているタイプがおすすめです。

角質を溶かすAHA(フルーツ酸)やニキビ予防の洗顔料に配合されている殺菌剤は、乾燥肌には肌荒れの原因になりがちなので、避けるほうがいいでしょう。

またスクラブ入りの洗顔フォームも肌刺激が強いので、普段使いではなく週1〜2回のケアにとどめておいてくださいね。

ローションタイプ(拭き取り洗顔)

コットンに浸して拭き取るローションタイプは、洗い流さないことから一見肌にやさしそうな感じがしますよね。
拭き取り洗顔は、コットンの摩擦が生じることから肌刺激に繋がりやすいです。

エタノールやピーリング成分なども入っていることもあるので、乾燥肌にはあまりおすすめできません。

炭酸タイプ

炭酸タイプは炭酸の力で毛穴汚れを取り除き、肌に透明感を与える洗顔料です。
肌がトーンアップすることから人気が高いのですが、乾燥性敏感肌の方には刺激で肌が赤くなることも。

乾燥肌や敏感肌の方は肌に赤みやヒリヒリ感が出ないかを確認してから使ってみてください

固形タイプ(石鹸)

一般的に石鹸は洗浄力が高いと言われていますが、実際に石鹸は製法により洗い上がりは大きく異なります。

  • 中和法・・・脂肪酸とアルカリを反応させて作る
  • けん化法・・・油脂とアルカリを撹拌して作る

けん化法は油脂を直接使っているので、しっとりとした洗い上がりになります。
全成分のところに「オリーブ果実油」「パーム油」「油脂系オイル」などが書かれていれば、けん化法なのでなるべくこちらを選びましょう。

【お悩み別】洗顔石鹸の選び方

乾燥肌だけど「石鹸が大好き!」「石鹸で顔を洗いたい」という方のために、顔の洗顔にもぴったりの石鹸の選び方をお伝えします!

常に乾燥が気になる肌

肌の水分量や皮脂量が低下した乾燥肌は、なるべく保湿効果の高い洗顔石鹸がおすすめです。
油脂成分配合の洗顔石鹸は、肌のみずみずしさを保つ効果が期待できます。
洗顔石鹸を選ぶときは、まずは「全成分」で、「オリーブ果実油」「パーム油」「油脂系オイル」などが配合されているかをチェックしましょう。

乾燥ニキビ肌

ニキビ肌の方は抗炎症成分なら大丈夫ですが、殺菌剤は避けてくださいね。
抗炎症は、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントインなど。
殺菌剤は、イソプロメチルフェノール、イオウ、レゾルシンなど。

大人ニキビの場合は「ニキビ用洗顔料」にこだわるより、肌の水分量を保持できる洗顔石鹸がおすすめです。

乾燥性敏感肌

洗うたびに水分が過剰に失われ、バリア機能が低下してしまう乾燥性敏感肌の洗顔石鹸選びでチェックしたい点は2つ。

保湿成分が配合されている洗顔石鹸を選ぶこと、ヒアルロン酸、セラミド、植物エキスなど
油性成分が配合されている洗顔石鹸を選ぶこと、パーム油、オリーブ果実油、ヒマシ油、コメヌカ油など

石鹸に水性成分と油性成分の両方が配合されていると、洗顔後の肌のバリア機能が維持されやすいです。

洗顔料におすすめ!
無添加の黒水素石鹸はこちら♪

どんな洗顔料でも共通して気を付けたいこと3つ

選ぶ洗顔料は人それぞれですが、自分にぴったりの洗顔料を見つけたら乾燥させない洗い方を徹底することが大切です。

選ぶ洗顔料は人それぞれですが、自分にぴったりの洗顔料を見つけたら乾燥させない洗い方をすることが大切です。

肌を摩擦しないように洗う

まず洗顔料は、しっかりと泡立てて、泡をTゾーンにのせてからUゾーンへのせます。
手が肌に触れない程度で、泡の弾力を利用し肌の上を転がすようにやさしく洗いましょう。

基本的にはサッと流しますが、中にはうるおいを与えるために、パックができる洗顔石鹸などもあります。
注意事項をよく読んでご使用くださいね。

濃密泡が瞬時に作れる泡立てネット
おすすめですよ♪

お湯の温度に気をつける

お湯の温度が体温以上になると、肌の皮脂を奪われます。
特にお風呂で洗顔をされる方は、40℃くらいになってしまいますよね。

肌には大きな負担になるので、なるべく体温より低い30〜32℃を目安にして流しましょう。

タオルの拭き取りに注意

洗顔後のタオルの拭き取りをゴシゴシすると、肌摩擦が生じ大きな負担になります。タオルは上からそっと押さえながら、水気を吸い取るようにしてくださいね。

毎日の洗顔を変えて、トラブル知らずの肌を目指そう

肌荒れ予防やニキビ予防にも繋がる、話題の「水素×炭」を配合した新発想の無添加石鹸「黒水素石鹸」をご紹介します。

肌荒れケアに注目の”水素”

石鹸1個あたりに飽和水素水48Lと同じ水素量が含まれており、無添加なのに高いクレンジング効果が期待できる石鹸です。優しく古い角質を落としながら、トラブル知らずのクリアな肌を目指すことができますよ。100%天然素材なので、敏感肌の方や肌荒れ予防やハリケアのための洗顔料におすすめです

敏感肌や乾燥肌の人でも大丈夫!

“炭”が毛穴汚れと古い角質を吸着

マスク生活により、毛穴汚れや角栓にお悩みの方も多いですよね。炭には毛穴汚れを吸着して落とす働きがあるので、ゴシゴシこすらなくても大丈夫。
余分な皮脂を吸着して落とすから、ニキビ肌や敏感肌の方も使えるのが魅力です。

無添加石鹸の黒水素石鹸は、クレンジングで角栓を除去してくれる

植物油脂配合の石鹸で肌荒れ対策を

石鹸と聞くと「肌が乾燥する」「洗い上がりがつっぱる」などの良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。
石鹸の中でも、植物油脂成分を配合したものだと、しっとりした洗い上がりになりますよ。

この黒水素石鹸は、ヤシ油やパーム油、オリーブ果実油など8種類もの植物油脂が配合されているから、洗顔石鹸として使用すると、うるおいつや肌に導いてくれるんです。

また、お肌に気をつけている方なら必ず意識する「アルコールやシリコン、合成香料」などは不使用と徹底しています。

  • アルコールフリー
  • パラベン、石油系油不使用
  • 界面活性剤不使用
  • 合成香料不使用
  • 合成着色料不使用
  • ノンシリコン
  • ノンサルフェート
  • ノンフェノキシエタノール

石鹸の洗顔パックでスペシャルケアも

黒水素石鹸のスペシャルケアとして、顔に泡をなじませて3〜5分パックすると、水素と美容成分が肌に浸透し、うるおいのあるつや肌に導きます。スキンケア感覚で使えて、バリア機能を維持しながら後でつける化粧品をより浸透させやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね♪(※角質層まで)

肌荒れの予防に効く無添加石鹸の「黒水素石鹸」を見る

まとめ

いかがでしたか?今回は、乾燥肌にありがちな洗顔トラブルについて解説しました。
今まで何を試しても乾燥肌が改善できなかった人は、洗顔料を見直すきっかけになりましたか?種類もさまざまなので、色々と試してみて、ご自身に合った洗顔料に出会えることを願っています!

関連記事

  • 石油系油とは?
    石油系油とは?

    石油系油とは、石油、原油などの油の総称のこと。 上記を精製すると、鉱物油、重油、軽油、灯油、等々が作られます。 精製後の油の一つである、鉱物油は医薬品、医薬部外品、化粧品で使用されることが多いです。 石油系油の使用は、賛否は分かれ...

  • 肌とは?
    肌とは?

      肌とは、人の体を覆う皮膚のこと。    

  • 乾燥肌とは?
    乾燥肌とは?

    乾燥肌とはドライスキンとも言われ、「肌の水分量や皮脂量が不足し、肌が乾燥している状態のこと。 「乾燥肌」の状態は個人差がありますが、下記のような悩みは肌の乾燥が原因と考えられます。 カサつき ごわつき 肌のつっぱり 粉を吹く 肌かゆ...

  • 敏感肌とは?
    敏感肌とは?

      敏感肌とは、明確な定義はないものの一般的には皮膚のバリア機能が低下し、刺激を受けやすい状態の肌のこと。 敏感肌は、肌がヒリヒリしたりかゆみや赤みが出たり、つっぱる感覚などさまざま。そのまま放置すると、肌トラブルを引き起こす要因とな...

  • 洗顔とは?
    洗顔とは?

    洗顔とは、肌の埃や不必要な皮脂・汗・角質などの”水性の汚れ”を水やぬるま湯で洗い落とすことです。 洗顔とは別に、顔を洗う「クレジング」もありますが、洗顔とクレンジングの違いは、”水性の汚れ”を落とす「洗顔」と”油性の汚れ”を落とす「ク...

  • かゆみとは?
    かゆみとは?

      「肌のかゆみ」は「引っ掻きたくなるような不快感な感覚」と定義されていますが、かゆみの症状は個人差があります。 かゆみの原因は、乾燥(ドライスキン)が多いですが、そのほか汗・アトピー性皮膚炎・アレルギー・肌のバリア機能の低下などさま...

  • 顔の乾燥対策でトラブルを回避!大切なスキンケアとインナーケア
    顔の乾燥対策でトラブルを回避!大切なスキンケアとインナーケア

    顔の乾燥に悩む人は非常に多いものです。持って生まれた肌質や季節も関係しますが、それだけではありません。「なぜこんなに肌がつっぱるの?」「皮がむけてパサパサになるの?」そんな疑問にお答えしながら、顔の乾燥対策についてくわしく解説していき...

  • ニキビができてしまう乾燥肌&敏感肌の予防方法|ニキビ肌を美肌に導く洗顔方法とは?
    ニキビができてしまう乾燥肌&敏感肌の予防方法|ニキビ肌を美肌に導く洗顔方法とは?

    ニキビ肌と言えば、オイリー肌(脂性肌)や混合肌を思い浮かべる人が多いでしょう。 しかし大人女子には、乾燥肌や敏感肌なのにニキビができる人もいます。 これはめずらしいことではなく、大人ニキビの多くは乾燥を伴うという特徴があるのです。 今...

記事に関連する商品

黒水素石鹸®️ / 黒水素石鹸®️mini
1,760円(税込) より
SILKY FOAM NET(eco 泡立てネット)
770円(税込)