\メディアで話題の/

海外で認められた逆輸入のメイドインジャパン製品

ミツヨ・エコプロダクツ

ニキビができてしまう乾燥肌&敏感肌の予防方法|ニキビ肌を美肌に導く洗顔方法とは?

ニキビができてしまう乾燥肌&敏感肌の予防方法|ニキビ肌を美肌に導く洗顔方法とは?

ニキビ肌と言えば、オイリー肌(脂性肌)や混合肌を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし大人女子には、乾燥肌や敏感肌なのにニキビができる人もいます。

これはめずらしいことではなく、大人ニキビの多くは乾燥を伴うという特徴があるのです。
今回は「ニキビができやすい、乾燥肌や敏感肌でお悩みの人」の、ニキビ予防のための正しい洗顔方法と、洗顔料の選び方についてお伝えしていきます。

ニキビ予防するためには、洗顔料を正しく選び、大人ニキビの特徴を知ることから始まります。

大人ニキビは、さまざまな要因が絡み合っています

ニキビには10代〜20歳前後までの「思春期ニキビ」と20歳以降の「大人ニキビ」に分けられます。それぞれの特徴をくわしく見ていきましょう。

ニキビには10代〜20歳前後までの「思春期ニキビ」と20歳以降の「大人ニキビ」に分けられます。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは、二次性徴による思春期ホルモンの増加で、皮脂の分泌が多くなり発生するニキビのことです。
過剰な皮脂で毛穴が詰まるとニキビができます。

思春期ニキビは、皮脂分泌の多いTゾーンにできやすいという特徴があります。

過剰な皮脂の分泌を抑え、ニキビの原因菌を殺菌することが思春期ニキビには効果的です。

大人ニキビの特徴

大人ニキビは間違ったスキンケアや、食生活などの生活習慣が複雑に絡み発生することが多いニキビです。
オイリー肌だけでなく、混合肌や乾燥肌、敏感肌でもニキビは発生します

大人ニキビは、口周りやフェイスラインなどのUゾーンにできやすいという特徴があります。
また生理前には、プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加により、一時的に皮脂分泌が多くなり、ニキビができる人もいます。

大人ニキビを予防する生活習慣とは

大人ニキビの発生は生活習慣が大きく関わってきます。

食生活

ニキビに繋がりやすい食べ物として「乳製品」が挙げられます。
中でもスキムミルクホエイプロテインは、ニキビの発生原因になりやすいと報告されています。

ホエイプロテインはヨーグルトの上澄みにできる「ホエイ」から作られたタンパク質です。
最近は多くの女性が筋トレに励んでいますよね。
筋肉量を増やすために、プロテインを飲む方も多いと思います。
プロテインを飲むなら大豆由来の「ソイプロテイン」がおすすめ。

またパンなどの糖質の摂り過ぎも、ニキビの悪化に繋がりやすいので注意してくださいね。

プロテインを飲むなら大豆由来の「ソイプロテイン」がおすすめ。

睡眠

睡眠不足が続くとニキビが出る方はわりと多いです。
睡眠不足は自律神経の交感神経が高まることで、皮脂分泌が過剰になりニキビが出やすくなります。

自分の体が必要とする睡眠時間をなるべく確保することが、ニキビ予防に繋がります。

ストレス

どんな人でも生きている以上、大なり小なりのストレスを抱えています。
特に社会人なりたての方は、ストレスからニキビが増える場合もあります。

ストレス解消の方法を見つけるのも一つの方法です。また頑張り過ぎないことがストレスを軽減させますので、自分自身を労わることにも目を向けましょう。

大人ニキビは、洗顔料を安易に選ぶと失敗する

ニキビを予防したいから「ニキビ予防洗顔料」を使い「肌が乾燥した」または「悪化した」という経験はありませんか?

ニキビ予防洗顔料は思春期ニキビを対象に作られている商品も多く、乾燥肌や敏感肌の大人ニキビの方には不向きな場合もあります。

そのため洗顔料を安易に選ぶと失敗することがあるのです。
ではどのような点に気を付ければいいのでしょうか。
ポイントを下記にまとめました。

ニキビ予防のための正しい洗顔の仕方

殺菌剤

殺菌成分は薬用洗顔料に配合されている有効成分です。

  • イソプロメチルフェノール
  • レゾルシン
  • イオウ

これらの成分は殺菌剤になります。
大人女子の肌へ殺菌成分を長期使用すると、肌のバリア機能が低下しやすくなります

生理前のニキビが出やすい時期、または週1〜2回の使用にとどめておくほうがいいでしょう。

エタノール(アルコール)

さっぱりとした使用感のエタノールは、ニキビケア化粧品への配合率が高い成分です。
エタノールは肌の引き締め効果があるものの、肌の水分を蒸発させやすい成分のため乾燥しやすくなってしまいます。

オイリー肌でも肌の丈夫な方なら使用できますが、乾燥肌や敏感肌は避けた方がいいでしょう。

スクラブ洗顔料

ニキビ肌の方はニキビ以外にも、角栓やざらつきが気になりますよね。

大人女子にはスクラブ洗顔だと刺激が強い場合が多く、毎日使用すると角質が薄くなりバリア機能の低下につながる恐れがあります。

スクラブ洗顔を使う場合は、週に1〜2回の角質ケアとして使用する程度にしましょう。

【洗顔料の選び方】入っているとうれしい成分とは

避けたい成分をチェックしたら、次は肌を保湿する成分が配合されているかを見ていきましょう。
洗顔料は配合している保湿成分により、洗い上がりのしっとりさが変わってくるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

洗顔料は配合している保湿成分により、洗い上がりのしっとりさが変わってくるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

パーム油、オリーブ果実油

石鹸をお使いの方に、ぜひチェックしてほしいのが「パーム油」や「オリーブ果実油」が入っているかどうか。
パーム油やオリーブ果実油は、肌をしっとりさせうるおい保持に効果的です。
両方配合されていると尚いいですね。

植物オイル

植物オイルには肌のキメを整える効果が期待できる成分です。
洗顔により失われがちな油分を植物オイルで補うことができますよ。

  • ヒマシ油
  • ヒマワリ種子油
  • ブドウ種子油
  • オレンジ油
  • コメヌカ油
  • アボカド油 など

酵素

洗顔料に含まれる酵素は、タンパク質を分解する効果があります。
肌の老化角質や蓄積された汚れをオフすることで、肌がトーンアップしやすくなります。

難点として酵素洗顔はパウダータイプが多いので、通常の洗顔料より泡立ちにくさを感じることがあります。

ヒアルロン酸、セラミド

スキンケアでおなじみの保湿成分、ヒアルロン酸やセラミドが配合されているタイプもおすすめ。
角質層の水分を保持し、ふっくらとした毛穴の目立ちにくい肌に導きます。

敏感肌や乾燥肌の人でも大丈夫!
無添加石鹸の黒水素石鹸はこちら♪

ニキビ予防のための正しい洗顔の仕方

ニキビは肌の皮脂や汚れを落とすことに力を入れすぎると、逆効果になりがち。

肌に必要な水分量が不足すると、肌は自力でうるおいを保とうと皮脂の分泌が多くなります。
これがいわゆる「乾燥ニキビ」と言われるものです、肌表面は脂っぽくニキビができるが、水分量が不足した乾燥状態のことです。

スキンケアで肌にみずみずしさを与えることも大切ですが、まず一番に見直してほしいのが洗顔です。乾燥を予防するための洗顔方法は下記をご覧ください。

【ニキビ予防&乾燥を防ぐ洗顔方法】

  • 体温より低めの30~32度が目安
  • 肌と手の間に泡のクッションをはさみ、摩擦を避ける
  • 生え際、フェイスラインに洗い残しがないようしっかりとすすぐ
  • タオルは肌におさえて水気を吸い取らせる

洗顔の仕方によっても、ニキビを予防ができるのでぜひ正しい洗顔方法を身に着けてくださいね。

毎日の洗顔を変えて、トラブル知らずの肌を目指そう

肌荒れ予防やニキビ予防にも繋がる、話題の「水素×炭」を配合した新発想の無添加石鹸「黒水素石鹸」をご紹介させていただきます。

肌荒れケアに注目の”水素”

石鹸1個あたりに飽和水素水48Lと同じ水素量が含まれており、無添加なのに高いクレンジング効果が期待できます。優しく古い角質を落としながら、トラブル知らずのクリアな肌を目指すことができますよ。100%天然素材なので、敏感肌の方や肌荒れ予防やハリケアにおすすめです

敏感肌や乾燥肌の人でも大丈夫!

“炭”が毛穴汚れと古い角質を吸着

マスク生活により、毛穴汚れや角栓にお悩みの方も多いですよね。炭には毛穴汚れを吸着して落とす働きがあるので、ゴシゴシこすらなくてもOK。
余分な皮脂を吸着して落とすから、ニキビ肌や敏感肌の方も使えるのが魅力です。

無添加石鹸の黒水素石鹸は、クレンジングで角栓を除去してくれる

植物油脂配合の石鹸で肌荒れ対策を

石鹸と聞くと「肌が乾燥する」「洗い上がりがつっぱる」などの良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。
石鹸の中でも、植物油脂成分を配合したものだと、しっとりした洗い上がりになりますよ。

この黒水素石鹸は、ヤシ油やパーム油、オリーブ果実油など8種類もの植物油脂が配合されているから、しっとりつや肌に導いてくれるんです。

また、お肌に気をつけている方なら必ず意識する「アルコールやシリコン、合成香料」などは不使用と徹底しています。

  • アルコールフリー
  • パラベン、石油系油不使用
  • 界面活性剤不使用
  • 合成香料不使用
  • 合成着色料不使用
  • ノンシリコン
  • ノンサルフェート
  • ノンフェノキシエタノール

洗顔パックでスペシャルケアも

黒水素石鹸のスペシャルケアとして、顔に泡をなじませて3〜5分パックすると、水素と美容成分が肌に浸透し、うるおいのあるつや肌に導きます。スキンケア感覚で使えて、バリア機能を維持しながら後でつける化粧品をより浸透させやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね♪(※角質層まで)

肌荒れの予防に効く無添加石鹸の「黒水素石鹸」を見る

まとめ

今回は、ニキビに悩む人のために、ニキビ予防のための正しい洗顔方法と、洗顔料の選び方についてお伝えしました。
毎日の洗顔方法を見直して、みんなでニキビ知らずの美肌を一緒に目指しましょう!

関連記事

  • 乾燥肌のための洗顔石鹸の選び方|悩み別の洗顔方法も解説
    乾燥肌のための洗顔石鹸の選び方|悩み別の洗顔方法も解説

    乾燥肌の方は、肌にうるおいを与えるスキンケアを重視する方が多いですよね。 しかし一番に見直すなら、まずは洗顔料です。 なぜなら洗顔やクレンジングなどのオフ系アイテムは、選ぶものにより乾燥がひどくなる場合があるから。 乾燥肌の方に起こり...

  • 顔の肌乾燥をどうにかしたい!正しい保湿ケアでぷるぷる素肌
    顔の肌乾燥をどうにかしたい!正しい保湿ケアでぷるぷる素肌

    顔の肌が乾燥すると「ハリつやがない」「化粧のりが悪い」など、長期的な悩みを抱えている人が多いですよね。顔が乾燥肌の方は小じわやくすみなど、さらなる深い悩みに突入しやすいもの。 今回は「乾燥肌のNGケア」と「持続した保湿ケアの方法」につ...

  • 乾燥肌がうるおうスキンケア|持続したしっとり肌を手に入れる方法
    乾燥肌がうるおうスキンケア|持続したしっとり肌を手に入れる方法

    乾燥肌の方は「肌につやがない」「小ジワができやすい」ことから老け見えしやすいです。 SNSで話題の美魔女たちが年齢よりも若く見えるのは「肌にうるおいがある」から。 つやっとしたなめらか肌は、光が反射することでさらにきれいに見えるのです...

  • 肌荒れ予防は美肌の必須条件!知っておきたい肌荒れの原因と予防のポイント
    肌荒れ予防は美肌の必須条件!知っておきたい肌荒れの原因と予防のポイント

    肌荒れや乾燥、ニキビに悩まれている方や、「肌荒れの予防って大変そう」と思っている方のために、この記事では"肌荒れを予防し、美肌になるため"に気を付けたいポイントをお伝えしていきます。 まずは、ご自身の肌荒れの原因は”何か”を知るところ...

  • ノンフェノキシエタノールとは?
    ノンフェノキシエタノールとは?

    ノンフェノキシエタノールとは「フェノキシエタノール」が配合されていないもののことを言います。 フェノキシエタノールとはどのようなものか、また配合されないことのメリット、デメリットについて解説していきます。 フェノキシエタノールとはどん...

  • 界面活性剤とは?
    界面活性剤とは?

    界面活性剤とは、本来は混ざり合うことのない「水」と「油」を混ざり合わせる作用を持つ「乳化」を促す物質です。 化粧品や洗浄料に含まれる界面活性剤は、水だけでは落とせない皮脂汚れや垢、メイクなどを落とすためには、なくてはならないものです...

  • アルコールとは?
    アルコールとは?

    アルコールは酒の主成分の1つであり、「酔い」などの効果をもたらします。 化粧品成分では主に「エタノール」が使用されていることが多いです。 大きくは、飲酒用と、化粧品用で分かれています。 化粧品用としての効能は、溶剤・基剤、収れん作...

  • ノンシリコンとは?
    ノンシリコンとは?

    ノンシリコンとは、シリコンが配合されていないことです。 近年シャンプーは、ノンシリコンが主流になりつつあるので「ノンシリコン」という言葉はドラッグストアなどでよく目にすることが多いですよね。 今回は、シリコンとノンシリコンの特徴につ...

記事に関連する商品

黒水素石鹸®️mini/黒水素石鹸®️
1,760円(税込) より
SILKY FOAM NET(eco 泡立てネット)
770円(税込)